幅広いタイ料理の中でシーフードの代表選手 カニとタマゴとカレーのコラボが見事なプーパッポンカリー
COOLバンコクホーム >> グルメ >> タイ料理紹介:プーパッポンカリー | ปูผัดผงกะหรี่ | Poo Pad Pong Curry

タイ料理紹介:プーパッポンカリー

Poo Pad Pong Curry

ปูผัดผงกะหรี่

エリア

タイ全土

タグ

主要なタイ料理を紹介

幅広いタイ料理の中でシーフードの代表選手
カニとタマゴとカレーのコラボが見事なプーパッポンカリー

豊かな海に恵まれたタイ王国ではエビやイカ、カニと言った海鮮素材が手に入りやすいため、専門店でなく一般的なタイ料理のお店でもシーフードをお手頃な値段で楽しんで貰うことが出来ます。
その中でもプーパッポンカリーはジャンルを代表する名物料理で、タイに来たら是非食べて頂きたい料理の一つです。
名前の由来は
プー=カニ
パッ(ド)=炒める
ポンカリー=カレー
単純に言えばカニのカレー炒めという名称で、一番最初に考案されたのがバンコクのシーフードの老舗であるソンブーンと言われていますが現在では殆どのタイ料理店でも扱いがあるほどポピュラーな料理になりました。
その中でもソンブーンのプーパッポンカリーは独特のふわふわタマゴとカニの相性が抜群で、ソンブーンというお店を超人気店にした立役者と言っても過言ではありません。同店では普通の鶏卵ではなく、アヒルの卵を使用していると言う説もありますが、レシピは公開されておらず真偽は判りません。ただしその一方、かなり大量の油を使用するため、人によっては沢山食べると少しお腹を壊す場合もあるようですので、出来れば体調の良い日に食べて頂きたい料理です。
またソンブーンの場合は見た目も豪華な『殻付きカニ』のプーパッポンカリーをオーダーされる方が多いと思われますが、実際は食べるのが面倒な上、手も汚れますので「ヌアプー パッポンカリー」と指定し殻無しのものを注文する方が食べ易いと思います。

他店に於けるプーパッポンカリーは油をあまり使わず普通のカニではなくソフトシェルを使ったものなどもあり、同じ名称でありながら全く異なる料理の場合もありますので、プーパッポンカリーの食べ比べをしてみるのも面白いと思います。
個人的にはバナナハウスイム タイレストランのプーパッポンカリーがあっさりしていて食べ易く、 白いご飯又はカオパット(チャーハン)と組み合わせて食べられることをオススメします。
更にカニではなく、 エビを使ったクン パッポンカリーやイカを使ったプラムック パッポンカリーなど後から派生した同種の料理も存在しています。
【食べることの出来る場所】
×:ありません △:お店により ○:大半のお店で可能 ◎:絶対あり
タイ料理レストラン:△
シーフードレストラン:○
フードコート:×
屋台:×