屋台料理の定番 種類の豊富なタイ風麺料理 汁あり、汁無し 牛、豚、鶏 ご当地メニューもあります
COOLバンコクホーム >> グルメ >> タイ料理紹介:クエッティオ(バーミー) | ก๋วยเตี๋ยว(บะหมี่) | Thai Noodle

タイ料理紹介:クエッティオ(バーミー)

Thai Noodle

ก๋วยเตี๋ยว(บะหมี่)

エリア

タイ全土

タグ

主要なタイ料理を紹介

屋台料理の定番 種類の豊富なタイ風麺料理
汁あり、汁無し 牛、豚、鶏 ご当地メニューもあります

タイ料理の中でも最も庶民的で食べ易い麺料理を全般的にクエッティオと呼びます。
クエッティオには主に下記の4種類の麺があります。
1.小麦粉と卵から作られた黄色い麺:バーミー(汁あり、汁無し)
2.米から作られた乾麺の太麺(きしめん程度の太さ):センヤイ
3.米から作られた乾麺の麺(普通のラーメン程度の太さ):センレック
4.米から作られた乾麺の細麺(そうめん程度の太さ):センミー
更に併せる具財として牛肉(ヌア)、豚(ムー)、鶏(ガイ)、ワンタン(キヨ)、エビワンタン(キヨ・クン)などがあり、モヤシや空芯菜などの野菜が添えられます。更にルークチンと呼ばれる魚から作られた丸い練り物(かまぼこのようなイメージ)が加えられているところもあり、お店独自の内容となっています。
この中でも一般的に「タイ ラーメン」と呼ばれるのはバーミー・ナームと言われる汁あり麺で、汁無しはバーミー・へーンと呼ばれ日本のやきそばに近い感覚です。
例えば汁ありで米から作られた普通の太さの麺を注文する場合は「センレック・ナーム」となります。
スープは一般的には鶏がらスープが多いようで、稀に牛肉から取ったとてもコクのあるスープを出すお店もあります。
比較的薄めの味付けで作られており、下記の調味料で自分好みの味付けにして頂きます。
ナンプラー:タイの醤油(しょっぱい味)
ナームソウム:お酢
ナムターン:砂糖(コクが出ます)
プリック:唐辛子
しっかり熱処理されて食べることが出来るので、食中毒などのリスクも少なく、日本人にも食べ易い、美味しい料理と言えるでしょう。
屋台、専門店など是非試して頂きたいタイ料理です。
【食べることの出来る場所】
×:ありません △:お店により ○:大半のお店で可能 ◎:絶対あり
タイ料理レストラン:△
シーフードレストラン:△
フードコート:◎
屋台:◎
専門店:◎