ある意味 最も日本人が食べ易いタイ料理 具材を選べてどんな料理とも相性抜群 カオパット
COOLバンコクホーム >> グルメ >> タイ料理紹介:カオパット | ข้าวผัด | Khao Phat

タイ料理紹介:カオパット

Khao Phat

ข้าวผัด

エリア

タイ全土

タグ

主要なタイ料理を紹介

TEL

FAX

ある意味 最も日本人が食べ易いタイ料理
具材を選べてどんな料理とも相性抜群 カオパット

カオパットはタイ風チャーハン(炒飯)の総称で、「カオ=ご飯」、「パット=炒める」という意味です。
タイのお米を野菜やお肉などと一緒に炒め、塩・胡椒で味付けをし、食べる際にはお好みによってマナオ(タイのレモン)やナンプラーを掛けて味を調節します。このため、基本の味付けはやや薄味になっていることが大半です。普通のライスの代わりに他のタイ料理と組み合わせて頂いても良いでしょう。
またメインの具材は取り扱うお店にもよりますが、豚肉、鶏肉、エビ、蟹などを選ぶことが出来、薬味としてキュウリと細ネギが供されるケースが多いようです。
水分の少ないタイ米との相性が抜群で、日本で言うパラパラチャーハンのように仕上がっています。
トマトを具材に取り入れているお店も多く、甘みの少ないタイのトマトが炒められることにより甘みを増し、以外なマッチングの良さを感じます。(トマトが苦手な方は抜いてオーダーも可能です。)
ただし、日本のようにスープは付きませんので、汁気の欲しい方はクェッティオなどと一緒にオーダーされると良いでしょう。
カオパット ガイ=鶏肉入り
カオパット ムー=豚肉入り
カオパット クン=エビ入り
カオパット プー=蟹肉入り
カオパット サパロット=パイナップル入り

トマト抜き=マイサイ マクアテート

【食べることの出来る場所】
×:ありません △:お店により ○:大半のお店で可能 ◎:絶対あり
タイ料理レストラン:◎
シーフードレストラン:◎
フードコート:◎
屋台:△