バンコクのニュースをリアルタイムに紹介
COOLバンコクホーム >> イベント・ニュース >> バンコクに韓国テーマのモール開店、Kカルチャーブームに注目

バンコクに韓国テーマのモール開店、Kカルチャーブームに注目

更新日

2017-04-11

   タイの首都バンコクで10日、韓国をテーマにしたショッピングモールと娯楽の複合施設がオープンした。国内で韓国ポップカルチャーへの関心が高まっていることに着目したという。

   施設の総面積は18万平方メートル、総工費は2億7500万ドル(約304億円)。タイのKカルチャーファンに加え、外国からの訪問者にも照準を合わせ年間1000万人の動員を目指す。

   バンコクは昨年、世界で最も外国人が訪れる都市となり、施設を手掛けたショーDC社は、主要なアトラクションに育てたいとしている。

   モールには、ロッテなど韓国ブランドやKポップアーティスト関連の衣料、化粧品、飲食店が並び、韓国スターの銅像や手形が展示されているほか、韓国からパフォーマーを招く計画もあるという。

(原文:ロイター

 
 

バックナンバー

2018-1-16 / ナナ、プルンチット周辺 / 観光スポット

2018-1-8 / エリアマップ

2017-12-27 / タイ全土 / 観光スポット

2017-12-26 / 観光スポット

2017-12-19 / バンナー方面 / グルメ

2017-12-18 / エカマイ、トンロー周辺 / グルメ

2017-12-8 / タイ全土 / グルメ

2017-12-6 / シーロム周辺 / ホテル

2017-12-1 / サイアムスクエア周辺 / 観光スポット

2017-11-27 / プロンポン周辺 / グルメ

2017-11-21 / タイ全土 / エリアマップ

2017-11-15 / スラサック・チャオプラヤー川周辺 / エリアマップ

2017-11-8 / タイ全土 / 基本情報

2017-11-1 / タイ全土 / エリアマップ

2017-10-27 / 王宮周辺 / エリアマップ

2017-10-24 / タイ全土 / エリアマップ

2017-10-18 / エリアマップ

2017-10-16 / 王宮周辺 / エリアマップ

2017-10-9 / 王宮周辺 / エリアマップ