ラマ5世の孫により公開されたタイの古美術博物館 王室ゆかりの品々もあって個人で行き易い観光名所です
COOLバンコクホーム >> 観光スポット >> スワンパッカード宮殿博物館 | วังสวนผักกาด | Suan Pakkad Palace Museum

関連するコンテンツ

スワンパッカード宮殿博物館

Suan Pakkad Palace Museum

วังสวนผักกาด

タグ

近くにコンビニ | 近くにレストラン | BTS(高架鉄道) | 現金(Cash)のみ | エアポートリンク | 名所・旧跡 | 博物館・展示場

住所

352-354 シーアユタヤ通り ラチャテヴィー、バンコク 10400

営業時間

9.00-16.00

TEL

0-2245-4934

行き方

BTSパヤタイ駅4番出口から階段を降り、交差点を右方向へ向かい約300m先

ラマ5世の孫により公開されたタイの古美術博物館
王室ゆかりの品々もあって個人で行き易い観光名所です

スワンパッカード宮殿はBTSパヤタイ駅から徒歩5分の位置にある王室
の古美術博物館です。入場料は100バーツ、タイ人も外国人も同じ料金で、英語又はタイ語のガイドが館内を案内してくれます。
元々この建物はラマ5世王の息子の一人がチェンマイの家屋を移築、住居としていたものを更にその息子夫婦が芸術に深い関心があったため、タイの古美術を集めて展示する博物館として公開、その収益をタイの若い芸術家育成費として活用しているという経緯があり、建物自体も200年以上の歴史を持っています。
館内は一方通行で見て歩く順番が決められており、通常館内の美術品は撮影禁止となっています。集められた美術品は年代も種類もさまざまでタイ国内で出土された土器、装飾品から王室ゆかりの品、王子が実際に使用した身の回りの品々など多岐に渡っています。
回廊として全て繋がっているタイハウスを回りながらその時代時代に思いを馳せることができます。最後に王室が実際に使用したベンツも展示されており、古代ー近代ー現代の流れを見ることができる場所です。
現在では空港へのエアポートリンクがすぐ傍を通るため、稀に電車の騒音が聞こえることもありますが、1時間程で見て回ることのできる身近
な博物館です。


 

動画

スワンパッカード宮殿博物館(博物館(1/5):00:00)

博物館(1/5)

スワンパッカード宮殿博物館(博物館(2/5):00:00)

博物館(2/5)

スワンパッカード宮殿博物館(博物館(3/5):00:00)

博物館(3/5)

スワンパッカード宮殿博物館(博物館(4/5):00:00)

博物館(4/5)

スワンパッカード宮殿博物館(博物館(5/5):00:00)

博物館(5/5)

アルバム

スワンパッカード宮殿博物館 (行きかたはBTSパヤタイ駅下車)

スワンパッカード宮殿博物館

スワンパッカード宮殿博物館 (4番出口へ)

スワンパッカード宮殿博物館

スワンパッカード宮殿博物館 (階段を降りたら右方向へ進んでください)

スワンパッカード宮殿博物館

スワンパッカード宮殿博物館 (横断歩道橋が見えたらもうすぐ)

スワンパッカード宮殿博物館

スワンパッカード宮殿博物館 (駅からこの扉まで250mほど 入り口はもう少し先)

スワンパッカード宮殿博物館

スワンパッカード宮殿博物館 (入り口です)

スワンパッカード宮殿博物館

スワンパッカード宮殿博物館 (正面の建物内に受付)

スワンパッカード宮殿博物館

スワンパッカード宮殿博物館 (入館料は100バーツ タイ人外国人同料金)

スワンパッカード宮殿博物館

スワンパッカード宮殿博物館 (最初に見るのは新館のバーンチェン遺跡出土品館から)

スワンパッカード宮殿博物館

スワンパッカード宮殿博物館 (バーンチェン遺跡はタイ東北部、ラオス国境に近いウドンタニ県で見つかった遺跡です)

スワンパッカード宮殿博物館

スワンパッカード宮殿博物館 (出土品は当初地元の人々が生活用品として実際に使っていたと言われています)

スワンパッカード宮殿博物館

スワンパッカード宮殿博物館 (調べてみたところ紀元前2000~3000年前のものと判り1960年にタイ文部省による発掘が始まったとのこと)

スワンパッカード宮殿博物館

スワンパッカード宮殿博物館 (出土品の一部は日本の国立博物館にも展示されています)

スワンパッカード宮殿博物館

スワンパッカード宮殿博物館 (当時の発掘の様子がフィギュアになっています)

スワンパッカード宮殿博物館

スワンパッカード宮殿博物館 (当時の生活様式の説明)

スワンパッカード宮殿博物館

スワンパッカード宮殿博物館 (これでお料理を作っていたのでしょう)

スワンパッカード宮殿博物館

スワンパッカード宮殿博物館 (館内は水と緑の多いお屋敷のようです)

スワンパッカード宮殿博物館

スワンパッカード宮殿博物館 (エアポートリンクの線路が頭上を走ります)

スワンパッカード宮殿博物館

スワンパッカード宮殿博物館 (19世紀の王様の御座船)

スワンパッカード宮殿博物館

スワンパッカード宮殿博物館 (全長19メートル)

スワンパッカード宮殿博物館

スワンパッカード宮殿博物館 (船内)

スワンパッカード宮殿博物館

スワンパッカード宮殿博物館 (こちらはミニチュアのレプリカ)

スワンパッカード宮殿博物館

スワンパッカード宮殿博物館 (景色も美しいスワンパッカード)

スワンパッカード宮殿博物館

スワンパッカード宮殿博物館 (博物館となっているタイハウスの中でも一番美しいラッカーパビリオン)

スワンパッカード宮殿博物館

スワンパッカード宮殿博物館 (築450年 17世紀の時代の建築物)

スワンパッカード宮殿博物館

スワンパッカード宮殿博物館 (内部は黄金描かれた絵で一杯)

スワンパッカード宮殿博物館

スワンパッカード宮殿博物館 (タイの古代の物語、ラーマキエン物語などが描かれています)

スワンパッカード宮殿博物館

スワンパッカード宮殿博物館 (この美しさは一見の価値あり)

スワンパッカード宮殿博物館

スワンパッカード宮殿博物館 (橋を渡り回廊になっているタイハウスへ向かいます)

スワンパッカード宮殿博物館

スワンパッカード宮殿博物館 (建物自体も美しいです)

スワンパッカード宮殿博物館

スワンパッカード宮殿博物館 (タイで出土された貝類)

スワンパッカード宮殿博物館

スワンパッカード宮殿博物館 (色、形とも美しいものばかり)

スワンパッカード宮殿博物館

スワンパッカード宮殿博物館 (こちらは貴石類)

スワンパッカード宮殿博物館

スワンパッカード宮殿博物館 (メノウなどが多いようです)

スワンパッカード宮殿博物館

スワンパッカード宮殿博物館 (キングコブラの剥製)

スワンパッカード宮殿博物館

スワンパッカード宮殿博物館 (この車輪は古代、象に引かせていた車の車輪 鉄製です)

スワンパッカード宮殿博物館

スワンパッカード宮殿博物館 (ラーマキエン物語がミニチュアのフィギュアで見れます)

スワンパッカード宮殿博物館

スワンパッカード宮殿博物館 (本来は電動で動くそうですが、取材時は故障中)

スワンパッカード宮殿博物館

スワンパッカード宮殿博物館 (どの人形も活き活きしていて今にも動き出しそう)

スワンパッカード宮殿博物館

スワンパッカード宮殿博物館 (建物を見るだけでも充分楽しめます)

スワンパッカード宮殿博物館

スワンパッカード宮殿博物館 (回廊で繋がっていますので次から次へと見て回れます)

スワンパッカード宮殿博物館

スワンパッカード宮殿博物館 (世界のAJINOMOTOビル)

スワンパッカード宮殿博物館

スワンパッカード宮殿博物館 (ラマ5世の息子の一人 ナコンサワン王子の音楽堂)

スワンパッカード宮殿博物館

スワンパッカード宮殿博物館 (タイの古典楽器が収集されています)

スワンパッカード宮殿博物館

スワンパッカード宮殿博物館 (打楽器、管楽器、弦楽器)

スワンパッカード宮殿博物館

スワンパッカード宮殿博物館 (中央に人が座り、金属の小さい太鼓を叩きます)

スワンパッカード宮殿博物館

スワンパッカード宮殿博物館 (木琴)

スワンパッカード宮殿博物館

スワンパッカード宮殿博物館 (日本の和太鼓)

スワンパッカード宮殿博物館

スワンパッカード宮殿博物館 (三味線のような弦楽器)

スワンパッカード宮殿博物館

スワンパッカード宮殿博物館 (宝石が埋め込まれています)

スワンパッカード宮殿博物館

スワンパッカード宮殿博物館 (残念ながらここで展示されている宝石はレプリカ)

スワンパッカード宮殿博物館

スワンパッカード宮殿博物館 (美しいドラ)

スワンパッカード宮殿博物館

スワンパッカード宮殿博物館 (ラマ5世の孫 チュンボット王子ゆかりの品々)

スワンパッカード宮殿博物館

スワンパッカード宮殿博物館 (王子の客間 この御座に王子が座られて客と謁見したそうです)

スワンパッカード宮殿博物館

スワンパッカード宮殿博物館 (タイの博物館は中に入れるところが多いです この部屋も入れます)

スワンパッカード宮殿博物館

スワンパッカード宮殿博物館 (素晴らしい象牙)

スワンパッカード宮殿博物館

スワンパッカード宮殿博物館 (こちらは王子の寝室)

スワンパッカード宮殿博物館

スワンパッカード宮殿博物館 (当時は今よりも涼しい気候だったそうです)

スワンパッカード宮殿博物館

スワンパッカード宮殿博物館 (風水の影響でしょうか 折れ曲がった回廊が多いです)

スワンパッカード宮殿博物館

スワンパッカード宮殿博物館 (古代の装飾品)

スワンパッカード宮殿博物館

スワンパッカード宮殿博物館 (自然と溢れる館内)

スワンパッカード宮殿博物館

スワンパッカード宮殿博物館 (躍動感あふれる人形、お面が展示されています)

スワンパッカード宮殿博物館

スワンパッカード宮殿博物館 (ラーマキエン物語に出てくる登場人物のお面)

スワンパッカード宮殿博物館

スワンパッカード宮殿博物館 (サルの化身 ハヌマーン)

スワンパッカード宮殿博物館

スワンパッカード宮殿博物館 (王室で実際に使われていた食器類)

スワンパッカード宮殿博物館

スワンパッカード宮殿博物館 (素晴らしいコレクションでした)

スワンパッカード宮殿博物館

スワンパッカード宮殿博物館 (この緑も素晴らしい色)

スワンパッカード宮殿博物館

スワンパッカード宮殿博物館 (金で装飾が施されたグラス類 本当にキレイです)

スワンパッカード宮殿博物館

スワンパッカード宮殿博物館 (懐中時計 羽ペン 実際に使われていた品々)

スワンパッカード宮殿博物館

スワンパッカード宮殿博物館 (ベンツです 現役で走れるそうです)

スワンパッカード宮殿博物館