現存しないものも含めタイ全土の遺跡仏閣、歴史的建造物などの復刻版を大展示
COOLバンコクホーム >> 観光スポット >> ムアン ボラーン | เมืองโบราณ | Ancient City

ムアン ボラーン

Ancient City

เมืองโบราณ

タグ

タクシー利用 | 在住者利用多 | BTS(高架鉄道) | タイ語住所必須 | 寺院・遺跡 | 名所・旧跡

住所

KM 33 (old) Sukhumwit Rd., Bangpoo, Meung District, Samut Prakan

営業時間

08:00~17:00

TEL

0-2709-1644 0-2224-1057

FAX

0-2323-9253

行き方

BTSオンヌット駅からタクシー約20~30分

現存しないものも含めタイ全土の遺跡仏閣、歴史的建造物などの復刻版を大展示

尊敬の念をこめて「偉大なるハリボテ」と呼びたくなるテーマパーク。
現存するものしないもの、空想上のものも含めて広大な敷地内に築かれた100を越す建造物は全て出入り自由。日本とは違い禁止条項が殆どありません。園内では殆どスタッフの姿を見ないにも関わらず、ごみ一つ落ちていない清潔さは驚きに値します。有料の電動カート、無料の自転車などを利用し自由に動き回りましょう。オーナーは同地区でワニ園も経営しており、ムアンボラーンはまだ完成ではなく、現在も増設中です。園内にはレストランもあり、料金は市中のものと変わりません。バンコク旅行の記念写真を撮りたい方、朝早くからのツアーが苦手な方には是非オススメしたい場所です。1日でタイの歴史と遺跡を見て回れるムアンボラーン、最低でも3~4時間をかけて見るのがベターでしょう。

※園内で電動カートを借りる際、身分証明書、パスポートなどの原本を預けなければならなくなりました。コピーでは借りることが出来ませんのでご注意下さい。


 

動画

ムアン ボラーン(ドライブスルー:00:00)

ドライブスルー

ムアン ボラーン(ウォークスルー:00:00)

ウォークスルー

ムアン ボラーン(Pavilion of the Enlightened:00:00)

Pavilion of the Enlightened

ムアン ボラーン(鹿と孔雀:00:00)

鹿と孔雀

ムアン ボラーン(カオプラヴィハーン:00:00)

カオプラヴィハーン

ムアン ボラーン(ツアーガイド(1):00:00)

ツアーガイド(1)

ムアン ボラーン(ツアーガイド(2):00:00)

ツアーガイド(2)

アルバム

ムアン ボラーン (チケットカウンター 料金は大人350B )

ムアン ボラーン

ムアン ボラーン (電動カートをオススメします カートを借りるにはパスポートや身分証明書の原本が必要になります)

ムアン ボラーン

ムアン ボラーン (電動カートの料金)

ムアン ボラーン

ムアン ボラーン (自転車は無料)

ムアン ボラーン

ムアン ボラーン (楽しそう)

ムアン ボラーン

ムアン ボラーン (園内を周遊しているトラム、 英語ガイド付き)

ムアン ボラーン

ムアン ボラーン (チケットを見せてここから入ります )

ムアン ボラーン

ムアン ボラーン (園内地図があちこちにあります)

ムアン ボラーン

ムアン ボラーン (一番奥にある船)

ムアン ボラーン

ムアン ボラーン (中に入れます)

ムアン ボラーン

ムアン ボラーン (船内)

ムアン ボラーン

ムアン ボラーン (園内には大きな湖があり王家の船が浮かんでいます)

ムアン ボラーン

ムアン ボラーン (かなり大きい湖)

ムアン ボラーン

ムアン ボラーン (乗船は不可)

ムアン ボラーン

ムアン ボラーン (The Dvaravati House)

ムアン ボラーン

ムアン ボラーン (The Dvaravati House はナコンパトム地方のRuan Thap Khwan House(釘などを用いない手法で建てられた家)がモデル)

ムアン ボラーン

ムアン ボラーン (家具、調度品などにも触れられます)

ムアン ボラーン

ムアン ボラーン (こんなこともOK)

ムアン ボラーン

ムアン ボラーン (湖にかかる大きな橋)

ムアン ボラーン

ムアン ボラーン (勿論渡れます)

ムアン ボラーン

ムアン ボラーン (橋の上から隣の橋を眺める)

ムアン ボラーン

ムアン ボラーン (COOLオススメの見所1)

ムアン ボラーン

ムアン ボラーン (湖上に浮かぶ黄金の寺院)

ムアン ボラーン

ムアン ボラーン (中には無数の黄金色の像)

ムアン ボラーン

ムアン ボラーン (一体一体異なります)

ムアン ボラーン

ムアン ボラーン (2階から上は現在製作中)

ムアン ボラーン

ムアン ボラーン (こんな仏像もあり)

ムアン ボラーン

ムアン ボラーン (仏間も本物のよう)

ムアン ボラーン

ムアン ボラーン (ですが本物の寺院ではありません)

ムアン ボラーン

ムアン ボラーン (境内で寝てる人もいました(本物では不可))

ムアン ボラーン

ムアン ボラーン (COOLオススメの見所2)

ムアン ボラーン

ムアン ボラーン (カオプラヴィハーン=カンボジアとタイの国境)

ムアン ボラーン

ムアン ボラーン (高さ54メートル 長さ66メートル)

ムアン ボラーン

ムアン ボラーン (子供でも登れます)

ムアン ボラーン

ムアン ボラーン (頂上を目指しましょう)

ムアン ボラーン

ムアン ボラーン (もう一息)

ムアン ボラーン

ムアン ボラーン (頂上です)

ムアン ボラーン

ムアン ボラーン (中々の景色)

ムアン ボラーン

ムアン ボラーン (園内を全て見渡せます)

ムアン ボラーン

ムアン ボラーン (中央祠堂)

ムアン ボラーン

ムアン ボラーン (中にも入れます)

ムアン ボラーン

ムアン ボラーン (サイズは縮小版)

ムアン ボラーン

ムアン ボラーン (鹿園もあります)

ムアン ボラーン

ムアン ボラーン (人懐こい鹿です)

ムアン ボラーン

ムアン ボラーン (餌付けも自由)

ムアン ボラーン

ムアン ボラーン (COOLオススメの見所3)

ムアン ボラーン

ムアン ボラーン (王宮内にあるDusit Maha Prasat Palace)

ムアン ボラーン

ムアン ボラーン (本物ではないのであちこち触れます)

ムアン ボラーン

ムアン ボラーン (内部の絵画)

ムアン ボラーン

ムアン ボラーン (日本の戦国絵巻と似た画法)

ムアン ボラーン

ムアン ボラーン (天井も見事)

ムアン ボラーン

ムアン ボラーン (スコータイのNoen Prasat)

ムアン ボラーン

ムアン ボラーン (本物は遠いので)

ムアン ボラーン

ムアン ボラーン (ここで拝観)

ムアン ボラーン

ムアン ボラーン (その他色々1 黄金の仏像)

ムアン ボラーン

ムアン ボラーン (その他色々2 こちらも黄金の仏像 顔が笑えます)

ムアン ボラーン

ムアン ボラーン (サラブリ地方の Lord Buddha 階段の手すりが竜の背中になっています)

ムアン ボラーン

ムアン ボラーン (その他色々4 大きな口を開けた魚のいる寺?)

ムアン ボラーン

ムアン ボラーン (その他色々5 現在建設中の千手観音?)

ムアン ボラーン

ムアン ボラーン (その他色々6 寝釈迦 黄色の袈裟が取れています)

ムアン ボラーン