日本のテレビでも紹介されたことのある「犬の家」 障害のある動物達を保護する優しいタイ人の作った 愛情溢れる施設 障害のある動物の家基金(通称「犬の家」)
COOLバンコクホーム >> 観光スポット >> 障害のある動物の家基金(通称「犬の家」) | มูลนิธิบ้านสงเคราะสัตว์พิการ | Home For Handicapped Animals Foundation

関連するコンテンツ

障害のある動物の家基金(通称「犬の家」)

Home For Handicapped Animals Foundation

มูลนิธิบ้านสงเคราะสัตว์พิการ

タグ

タクシー利用 | タイ語住所必須 | 名所・旧跡 | 動物園・水族館・遊園地

住所

15/1 Moo 1 Soi. Pramahakaroon Tiwanon Rd., T. Baanmai, Pakkret, Nontaburee 11120

営業時間

08:00~17:00(見学は11:00以降可)

TEL

0-2584-4896, 0-2961-5625

FAX

0-2961-5305

行き方

Prachachuen通りを運河に沿って北上し、ChaengWatthana通りを超え5キロほど先PMCという会社の看板を左折後、300m先を右折

日本のテレビでも紹介されたことのある「犬の家」
障害のある動物達を保護する優しいタイ人の作った
愛情溢れる施設 障害のある動物の家基金(通称「犬の家」)

障害のある動物の家基金(Home For Handicapped Animals Foundation)は、バンコクの旧国際空港であるドンムアン空港の西、ノンタブリー県にあって通称「犬の家」と呼ばれています。
ここでは交通事故や病気などで身体の一部の機能を失ってしまった犬や猫300頭前後とその他の動物を保護・飼育しており、その費用は全て寄付で賄われています。
創始者は元教師のナタポーン女史で、たまたま交通事故にあった犬を引き取り世話をしていたところ、同じように障害を持った動物を持ち込む人が増え、組織として基金を立ち上げ運営するようになったとのことです。
本来は決して観光目的の場所ではありませんが、 このような施設がタイ・バンコクの近郊にあることを知って頂きたいのと、彼らが今でも援助を必要としていることを知って頂きたく取材をして来ました。
数年前に日本のテレビ番組でも取り上げられたことにより日本から多くの寄付が寄せられたため施設も改善され、動物たちだけでなくここで働く職員たちにとってもかなり環境が改善されましたが、餌代だけでもかなりの金額を必要とするため、現在でも常に寄付を募っています。
敷地内の犬舎に入って行くと、ケガを負わせられた脅えからか外部の人間に対し過激に反応する犬も居れば、逆に人が好きで尻尾を大きく振って大歓迎してくれる犬も沢山います。不自由になった身体でも精一杯生きようとしている彼らを見ると自然と涙がこぼれ、激励に来たはずなのに逆に勇気と元気を貰ったような気がしてなりませんでした。
職員たちの懸命な作業により、多少動物の臭いはありますが、決して不衛生な状態ではなく、犬たちも定期的にシャンプーをしてもらったり快適に暮らしているようです。基本的にタイの犬が殆どですが、中にはセントバーナードやレトリーバーなどといった洋犬の姿も見られます。元々は誰かに飼われていたのでしょうが、何らかの理由により捨てられてしまったものも居るようです。
またこの犬たちから産まれた元気な子犬もいて、身元の確かな人には譲ってくれることも出来るとのことです。
事務所の開設時間は朝8時から夕方5時までですが、見学可能な時間は午前11時以降とのことで、また見学に来られる場合は下記のものをお持ち頂きたいとのことでした。
●お米
●ドッグフード
●キャットフード
●香取線香
事務所内ではTシャツや小物の販売も行っており、寄付を募るための募金箱は登録をすれば無料で分けて貰えます。集まった募金はタイ国内の銀行口座に振り込んで頂ければ施設に届くようになっています。
また施設発行のカードを持ってセブンイレブンに行けば何時でも好きな金額だけ寄付が可能とのことです。
最後にこの施設への行き方ですが、バンコク市内からPrachachuen(プラチャチューン)通りを北上し、右手に運河を見ながらChaengWatthana通りを超え、5キロほど行くと左手にGreen Star というゴルフの練習場があり、その先にPMCという会社の看板があるのでこれを左折、200mほど直進すると高速道路の高架をくぐりますので、さらに100m先の角を右折します。施設はPMC CARDという会社の向かいにありますので、ここを目標にすると良いでしょう。
このような施設がもっとタイに増えてくれることを祈って止みません。


 

動画

障害のある動物の家基金(通称「犬の家」)(犬の家:00:00)

犬の家

障害のある動物の家基金(通称「犬の家」)(猫たちも:00:00)

猫たちも

アルバム

障害のある動物の家基金(通称「犬の家」) (障害のある動物の家基金 建物正面)

障害のある動物の家基金(通称「犬の家」)

障害のある動物の家基金(通称「犬の家」) (門を入り左にオフィスがあります)

障害のある動物の家基金(通称「犬の家」)

障害のある動物の家基金(通称「犬の家」) (記念の写真が沢山貼られていました)

障害のある動物の家基金(通称「犬の家」)

障害のある動物の家基金(通称「犬の家」) (見学に来る人が持ち寄るドッグフードなど)

障害のある動物の家基金(通称「犬の家」)

障害のある動物の家基金(通称「犬の家」) (自由に出歩ける犬も結構います)

障害のある動物の家基金(通称「犬の家」)

障害のある動物の家基金(通称「犬の家」) (とにかく元気な子でした)

障害のある動物の家基金(通称「犬の家」)

障害のある動物の家基金(通称「犬の家」) (1階右手)

障害のある動物の家基金(通称「犬の家」)

障害のある動物の家基金(通称「犬の家」) (この子も自由に歩いています)

障害のある動物の家基金(通称「犬の家」)

障害のある動物の家基金(通称「犬の家」) (檻に入れられているのは重度の障害がある犬や)

障害のある動物の家基金(通称「犬の家」)

障害のある動物の家基金(通称「犬の家」) (吠え癖、噛み癖、脱走癖などがある犬たちのようです)

障害のある動物の家基金(通称「犬の家」)

障害のある動物の家基金(通称「犬の家」) (この子は両目が見えません)

障害のある動物の家基金(通称「犬の家」)

障害のある動物の家基金(通称「犬の家」) (この子は興味深々でカメラを見つめます)

障害のある動物の家基金(通称「犬の家」)

障害のある動物の家基金(通称「犬の家」) (このゴールデンは暑さでバテ気味)

障害のある動物の家基金(通称「犬の家」)

障害のある動物の家基金(通称「犬の家」) (子犬や軽い障害を持つ中型犬が運動できるスペースがあります)

障害のある動物の家基金(通称「犬の家」)

障害のある動物の家基金(通称「犬の家」) (自由に見て触れるようになっています)

障害のある動物の家基金(通称「犬の家」)

障害のある動物の家基金(通称「犬の家」) (子犬は好奇心旺盛で人が居るところに必ずやってきます)

障害のある動物の家基金(通称「犬の家」)

障害のある動物の家基金(通称「犬の家」) (この施設で産まれたタイの犬種)

障害のある動物の家基金(通称「犬の家」)

障害のある動物の家基金(通称「犬の家」) (とてもやんちゃです)

障害のある動物の家基金(通称「犬の家」)

障害のある動物の家基金(通称「犬の家」) (でも可愛いですよ)

障害のある動物の家基金(通称「犬の家」)

障害のある動物の家基金(通称「犬の家」) (遊んで欲しいらしく、手を入れると大喜び)

障害のある動物の家基金(通称「犬の家」)

障害のある動物の家基金(通称「犬の家」) (元気に育って欲しいです)

障害のある動物の家基金(通称「犬の家」)

障害のある動物の家基金(通称「犬の家」) (そして良い飼い主さんが見つかると良いですね)

障害のある動物の家基金(通称「犬の家」)

障害のある動物の家基金(通称「犬の家」) (子犬を産んだばかりのお母さん犬 まだ生後1週間くらいでしょうか)

障害のある動物の家基金(通称「犬の家」)

障害のある動物の家基金(通称「犬の家」) (奥に行くと天井の無いケージが並んでいます)

障害のある動物の家基金(通称「犬の家」)

障害のある動物の家基金(通称「犬の家」) (一匹が吠え出すとみんなで吠え出し大変な騒ぎになります)

障害のある動物の家基金(通称「犬の家」)

障害のある動物の家基金(通称「犬の家」) (後ろ足が二本とも使えない子)

障害のある動物の家基金(通称「犬の家」)

障害のある動物の家基金(通称「犬の家」) (この子も足に障害を持っていました)

障害のある動物の家基金(通称「犬の家」)

障害のある動物の家基金(通称「犬の家」) (それでも元気一杯)

障害のある動物の家基金(通称「犬の家」)

障害のある動物の家基金(通称「犬の家」) (セントバーナードの成犬 どうして?と思ってしまいます)

障害のある動物の家基金(通称「犬の家」)

障害のある動物の家基金(通称「犬の家」) (2階の犬舎 この犬舎は日本から寄せられた寄付で建てられたそうです)

障害のある動物の家基金(通称「犬の家」)

障害のある動物の家基金(通称「犬の家」) (プードル この子は目が不自由なようです)

障害のある動物の家基金(通称「犬の家」)

障害のある動物の家基金(通称「犬の家」) (とっても大人しいゴールデン)

障害のある動物の家基金(通称「犬の家」)

障害のある動物の家基金(通称「犬の家」) (この子は後ろ足の腿から先がありません それでもとても人懐っこい子で、この子を見ていると涙が溢れて止まりませんでした)

障害のある動物の家基金(通称「犬の家」)

障害のある動物の家基金(通称「犬の家」) (綺麗に洗浄された食器類 衛生面は全く問題ないと思います)

障害のある動物の家基金(通称「犬の家」)

障害のある動物の家基金(通称「犬の家」) (犬だけでなく猫たちも沢山)

障害のある動物の家基金(通称「犬の家」)

障害のある動物の家基金(通称「犬の家」) (ただ猫は表に出せないのでケージの中に)

障害のある動物の家基金(通称「犬の家」)

障害のある動物の家基金(通称「犬の家」) (仲の良い子は一緒のケージに)

障害のある動物の家基金(通称「犬の家」)

障害のある動物の家基金(通称「犬の家」) (事務所で販売されているTシャツを数枚買いました)

障害のある動物の家基金(通称「犬の家」)

障害のある動物の家基金(通称「犬の家」) (値段は180~200バーツ)

障害のある動物の家基金(通称「犬の家」)

障害のある動物の家基金(通称「犬の家」) (サイズはSからXLまであってデザインも豊富です)

障害のある動物の家基金(通称「犬の家」)

障害のある動物の家基金(通称「犬の家」) (基金に登録すると貰える募金箱 COOLバンコクは5個貰いました)

障害のある動物の家基金(通称「犬の家」)

障害のある動物の家基金(通称「犬の家」) (貯金箱になっていて、貯まったら銀行から基金の口座に振り込みます)

障害のある動物の家基金(通称「犬の家」)

障害のある動物の家基金(通称「犬の家」) (障害のある動物の家基金はこのPMC CARDSという会社の向かいにあります)

障害のある動物の家基金(通称「犬の家」)

障害のある動物の家基金(通称「犬の家」) (このように看板が出ていますので目印にすると良いでしょう)

障害のある動物の家基金(通称「犬の家」)

障害のある動物の家基金(通称「犬の家」) (PMC CARDSの地図を載せておきます)

障害のある動物の家基金(通称「犬の家」)