3人の王の遺骨が眠る美しい3基の仏塔が見所 19時以降はライトアップの名所にもなるワット プラ シー サンペット
COOLバンコクホーム >> 観光スポット >> ワット プラ シーサンペット | วัดพระศรีสรรเพชญ์ | Wat Pra Srisanpet

ワット プラ シーサンペット

Wat Pra Srisanpet

วัดพระศรีสรรเพชญ์

エリア

アユタヤ

タグ

夜間女性単独行動注意 | 寺院・遺跡 | アユタヤ

住所

Amphur Muang, Ayutthaya 13000

営業時間

7:00~18:00 ライトアップ19:00~21:00

行き方

アユタヤツアーに組み込まれている場合が多いようです

3人の王の遺骨が眠る美しい3基の仏塔が見所
19時以降はライトアップの名所にもなるワット プラ シー サンペット

14世紀中頃、初代アユタヤ王であるウートン王(後に改名:ラーマ ティボディ1世)がアユタヤ王国を建国した際この場所を王宮とし、礼拝堂を建設、仏教儀式などが行われていました。約150年後の1491年、当時の王であるラーマ ティボディ2世がスリランカ様式の美しい仏塔を2棟建設、中に彼の父と兄の遺骨が納められたことにより王族の「守護寺院」となりました。
本人の死後更に1棟が建設され父や兄と同様、遺骨が内部に納められました。
1500年には高さ16m、重さ171キロの、純金に覆われた立仏像が建立されましたが、1767年のビルマ軍の侵攻により金は強奪され仏像も破壊されてしまい、現在では3人の王が眠る風化した三つの仏塔が残るのみとなっています。
毎日19時から21時までこの三つの仏塔はライトアップされ、美しい夜景を見ることが出来ます。
また隣には1603年にラーマ ティボディ2世の命により作られた高さ17mのブロンズ製仏像を安置するヴィハーンプラ モンコン ボピット(Viharn Phra Mongkol Bopit)という塔堂があり、毎日多くの参拝者で賑わっています。

【拝観料】
外国人:50バーツ
タイ人:10バーツ


 

動画

ワット プラ シーサンペット(寺院:00:00)

寺院

ワット プラ シーサンペット(ライトアップ:00:00)

ライトアップ

ワット プラ シーサンペット(ヴィハーンプラ モンコン ボピット:00:00)

ヴィハーンプラ モンコン ボピット

アルバム

ワット プラ シーサンペット (3基の仏塔にはそれぞれ歴代のアユタヤ王の遺骨が納められています)

ワット プラ シーサンペット

ワット プラ シーサンペット (正面にヴィハーンプラ モンコン ボピット ここを進んで下さい)

ワット プラ シーサンペット

ワット プラ シーサンペット (途中右手にワット プラ シーサンペットの入口があります)

ワット プラ シーサンペット

ワット プラ シーサンペット (拝観料は外国人50バーツ、タイ人は10バーツ)

ワット プラ シーサンペット

ワット プラ シーサンペット (遺跡前にある注意書き 日本語で書かれているのが悲しいですね マナーは守って下さい)

ワット プラ シーサンペット

ワット プラ シーサンペット (1491年、当時の王であるラーマ ティボディ2世がスリランカ様式の仏塔を2棟建設)

ワット プラ シーサンペット

ワット プラ シーサンペット (彼の父と兄の遺骨が納められました)

ワット プラ シーサンペット

ワット プラ シーサンペット (本人の死後更に1棟が建設され)

ワット プラ シーサンペット

ワット プラ シーサンペット (父や兄と同様、遺骨が内部に納められ3基の仏塔となりました)

ワット プラ シーサンペット

ワット プラ シーサンペット (元々この場所は寺院ではなく王宮の一部でした)

ワット プラ シーサンペット

ワット プラ シーサンペット (遺骨が納められたことにより王族の「守護寺院」となりました)

ワット プラ シーサンペット

ワット プラ シーサンペット (仏塔内部はコンクリートで封鎖されています)

ワット プラ シーサンペット

ワット プラ シーサンペット (アユタヤ王朝は1351年から1767年まで約400年に渡り栄えた王朝)

ワット プラ シーサンペット

ワット プラ シーサンペット (1767年 ビルマ(現ミャンマー)の侵攻に遭い滅ばされてしまいます)

ワット プラ シーサンペット

ワット プラ シーサンペット (現在では3人の王が眠る風化した三つの仏塔が残るのみとなっています)

ワット プラ シーサンペット

ワット プラ シーサンペット (1500年には高さ16m、重さ171キロの、純金に覆われた立仏像が建立されましたが)

ワット プラ シーサンペット

ワット プラ シーサンペット (金は強奪され仏像も破壊されてしまいました)

ワット プラ シーサンペット

ワット プラ シーサンペット (最近、遺跡の修復工事が開始され始めました)

ワット プラ シーサンペット

ワット プラ シーサンペット (当時は荘厳な都があったのでしょう)

ワット プラ シーサンペット

ワット プラ シーサンペット (織田信長が本能寺の変で討たれたのが1582年)

ワット プラ シーサンペット

ワット プラ シーサンペット (その頃のお話です)

ワット プラ シーサンペット

ワット プラ シーサンペット (跡形も無いほど破壊されたワット プラシー サンペット)

ワット プラ シーサンペット

ワット プラ シーサンペット (寂寞な思いがしました)

ワット プラ シーサンペット

ワット プラ シーサンペット (19時から21時 このように仏塔がライトアップされます)

ワット プラ シーサンペット

ワット プラ シーサンペット (ヴィハーンプラ モンコン ボピットを見に行きましょう)

ワット プラ シーサンペット

ワット プラ シーサンペット (1603年にラーマ ティボディ2世の命により作られた高さ17mの仏像が安置されています)

ワット プラ シーサンペット

ワット プラ シーサンペット (本来はブロンズ製)

ワット プラ シーサンペット

ワット プラ シーサンペット (全身が金で覆われています)

ワット プラ シーサンペット

ワット プラ シーサンペット (遺跡発見当時の写真)

ワット プラ シーサンペット

ワット プラ シーサンペット (参拝に来た人が張った金箔で黄金に輝く石仏)

ワット プラ シーサンペット

ワット プラ シーサンペット (美術品のようです)

ワット プラ シーサンペット

ワット プラ シーサンペット (大仏の後ろ 360度見て回れます)

ワット プラ シーサンペット