精緻な装飾が美しいタイ国王室の誇る8艘の御座船を展示 王室御座船博物館
COOLバンコクホーム >> 観光スポット >> 王室御座船博物館 | พิพิธภัณฑสถานแห่งชาติเรือราชพิธี | National Museum of Royal Barge

関連するコンテンツ

王室御座船博物館

National Museum of Royal Barge

พิพิธภัณฑสถานแห่งชาติเรือราชพิธี

エリア

王宮周辺

タグ

タクシー利用 | タイ語住所必須 | 現金(Cash)のみ | 博物館・展示場

住所

Arun Aumarin Rd., Siriraj, Bangkoknoi, Bangkok 10700

営業時間

9:00~17:00 休日は12月31日、1月1日、ソンクラーン

TEL

0-2424-0004

行き方

Arun Anarin道路24(Arun Amarin橋脇)

精緻な装飾が美しいタイ国王室の誇る8艘の御座船を展示
王室御座船博物館

王室御座船博物館はバンコクの西、トンブリ地区シリラート病院の隣、バンコクノーイ運河を挟んだところにある国立の博物館で、タイ国王の生誕記念や国家行事など数年に一度行われるロイヤルバージプロセッションの際にチャオプラヤー川上を走る王室の船が管理されています。
実際のロイヤルバージプロセッションでは52隻の船が航行しますが、ここにはその内実際に王家の人が乗船する4隻の御座船とこれを補佐するエスコート船4隻が保管されており、一般公開されるための博物館であると同時に手入のためにタイ国海軍の管理下にあるドックでもあります。
ここに展示される船には一隻ごとに写真入りの説明書が付いており、全長、全幅、全高の諸元データに加え漕ぎ手の人数及びクルーの数、簡単な歴史と名称が記載されています。
いずれの船も非常に美しい装飾が施されていますが、最も勇壮な船は1911年にラマ6世により建造されたヒンドゥー教の神「ブラフマー」の乗り物であるホングを船首に抱くSuphannahongse(スパンナホン)号と、1996年に現国王のラマ9世王により建造されたNarai Song Suban(ナラーイソンスバン)号の2隻でしょう。
Suphannahongse号は全長46,15m、50名の漕手と14名のクルーを要し、一方Narai Song Suban号はインド神話に登場する火の鳥「ガルーダ」とその上に乗ったヒンドゥー教の神「ヴィシュヌ」を船首に抱き全長44,30m、同じく50名の漕手と14名のクルーで航行しいずれも現国王の専用船となっています。 近くで見れば見るほど精緻な彫刻と美しい装飾で飾られ人の目を惹きつけて止みません。
また全ての船の船首にはこれら王家の船が戦争に使用された際のなごりで、大砲を据え付けるための穴が設けられています。
これらの船が一同に集結するロイヤルバージプロセッションにはチャオプラヤ川の流域に特別席が設けられ多くの人がこの一大行事を見るためにバンコクを訪れ、またテレビ中継も行われるのが常となっています。
その他館内には第二次世界大戦で砲撃を受け大破した船の一部や部品なども展示され、歴史の一部を垣間見ることも出来ます。
残念ながら実際に水上を走る姿を見れるのは数年に一度ですが、船だけならば何時でも見に来ることができます。
行き方はタクシーを利用するのが最も簡単ですが、正確な場所はシリラート病院の裏手を走るArun Amarin道路を北へ向かいバンコクノーイ運河を渡るArun Amarin橋の横に入口があります。大変狭くローカルな小道を300メートルほど進みますが、Royal Berge Museumの看板が出ていますので迷わずに行くことが出来るでしょう。
入館料は見学だけならば30バーツ、写真を撮る場合入館料を含め100バーツ、ビデオ撮影の場合は同じく200バーツが必要です。


 

動画

王室御座船博物館(観光紹介(1/2):00:00)

観光紹介(1/2)

王室御座船博物館(観光紹介(2/2):00:00)

観光紹介(2/2)

アルバム

王室御座船博物館 (博物館の正確な場所はArun Amarin通りの24 Arun Amarin橋の脇になります)

王室御座船博物館

王室御座船博物館 (右の三角屋根のところから入ります)

王室御座船博物館

王室御座船博物館 (ここから先、車は入れません)

王室御座船博物館

王室御座船博物館 (ところどころRoyal Barge Museumと書かれた看板があります)

王室御座船博物館

王室御座船博物館 (塀にも書かれています)

王室御座船博物館

王室御座船博物館 (ドブ川とも呼べるような運河を渡り)

王室御座船博物館

王室御座船博物館 (看板に従い進みます)

王室御座船博物館

王室御座船博物館 (ここまで来らあと100m)

王室御座船博物館

王室御座船博物館 (こんな小さな入口から入ります 左にチケット売場があります)

王室御座船博物館

王室御座船博物館 (横一列に船が並んでいます)

王室御座船博物館

王室御座船博物館 (ドーム型の博物館 元々は船を修理するためのドックでした)

王室御座船博物館

王室御座船博物館 (バンコクノーイ運河を挟んだ正面はシリラート病院の建物)

王室御座船博物館

王室御座船博物館 (ボートで来る人もいますね)

王室御座船博物館

王室御座船博物館 (あまり照明は明るくないので天気の良い昼間が良いでしょう)

王室御座船博物館

王室御座船博物館 (Aaura-Vayuphak(アウラーヴァユパック)号 エスコート船 全長31m 幅2.03m)

王室御座船博物館

王室御座船博物館 (Anantanakaraj(アナンタ ナーガ)号 全長44.85m 幅2.58m 宇宙戦艦ヤマトのようですね)

王室御座船博物館

王室御座船博物館 (7つの頭を持つ蛇 ナーガ蛇神は水の神 総勢72人で動かす御座船です)

王室御座船博物館

王室御座船博物館 (Annekakachatpuchong(アネーカチャプチョン)号 全長45.67m 幅2.91m 刀のような鋭い船首を持つこの船はラマ5世王の時代に造船されました)

王室御座船博物館

王室御座船博物館 (Garuda Hern Het(ガルーダ ヘーンヘット)号 全長28.58m 幅2.10m 火の鳥「ガルーダ」を船首に抱くエスコート船)

王室御座船博物館

王室御座船博物館 (船は小さいですがガルーダが付いているとやっぱり強そうに見えますね)

王室御座船博物館

王室御座船博物館 (Suphannahongse(スパンナホン)号 全長46.15m 幅3.17m 最大の大きさを誇る御座船)

王室御座船博物館

王室御座船博物館 (現国王の専用船だけあって一際美しい装飾が施されています)

王室御座船博物館

王室御座船博物館 (ヒンドゥー教の神「ブラフマー」の乗り物であるホング 龍です)

王室御座船博物館

王室御座船博物館 (テールの部分も美しいデザイン)

王室御座船博物館

王室御座船博物館 (Narai Song Suban(ナラーイソンスバン)号 全長44.30m 幅3.20m 現国王ラマ9世王の御座船)

王室御座船博物館

王室御座船博物館 (火の鳥「ガルーダ」とその上に乗ったヒンドゥー教の神「ヴィシュヌ」を船首に抱きます)

王室御座船博物館

王室御座船博物館 (神々しさを感じます)

王室御座船博物館

王室御座船博物館 (この2隻が同時に航行したらさぞ美しいでしょう)

王室御座船博物館

王室御座船博物館 (Narai Song Suban(ナラーイソンスバン)号の御座部分)

王室御座船博物館

王室御座船博物館 (ここから乗り込むんですね)

王室御座船博物館

王室御座船博物館 (この美しい彫刻を見て下さい どれだけの時間を要したのでしょうか)

王室御座船博物館

王室御座船博物館 (乗り込む時はこんな風に見えるんですね)

王室御座船博物館

王室御座船博物館 (御座後部の漕ぎ手が座る席 漕ぎ手は総勢50人です)

王室御座船博物館

王室御座船博物館 (この船のテールは高さが最も高く反り方も絶妙)

王室御座船博物館

王室御座船博物館 (見事な彫刻が見られます)

王室御座船博物館

王室御座船博物館 (宝石のような石も埋め込まれていて見ているとため息が出ます)

王室御座船博物館

王室御座船博物館 (Krabi Prab Muang Mara(クラビープラー ムアンマン)号 タイ舞踊に出てくる猿「ハヌマーン」を船首に抱くエスコート船)

王室御座船博物館

王室御座船博物館 (Ekachai Hern Hao(エカチャイ ヘーンハウ)号 斧のようなデザインに、黒字に金の図柄が描かれたエスコート船)

王室御座船博物館

王室御座船博物館 (全ての船の漕ぎ手が座る部分に立つ金色の筒は何でしょう)

王室御座船博物館

王室御座船博物館 (この写真を見て下さい 日除けの傘を刺すための筒でした)

王室御座船博物館

王室御座船博物館 (漕ぎ手は実際のロイヤルバージプロセッションの際もこれと同じ衣装をまといます)

王室御座船博物館

王室御座船博物館 (この2隻は第二次世界大戦の際に爆弾で破壊された船の残骸です)

王室御座船博物館

王室御座船博物館 (古い船の船首部分も大切に保存)

王室御座船博物館

王室御座船博物館 (ロイヤルバージプロセッションの際、船で使うカーテン類)

王室御座船博物館

王室御座船博物館 (実際のロイヤルバージプロセッションでの船団が並ぶ陣形)

王室御座船博物館

王室御座船博物館 (同じくミニチュアで立体的に再現)

王室御座船博物館

王室御座船博物館 (一艘ごとに正確なミニチュアがあります)

王室御座船博物館

王室御座船博物館 (タイ国民は元々川の上の船で生活していた歴史があります)

王室御座船博物館

王室御座船博物館 (これはその頃の船を再現したミニチュア)

王室御座船博物館

王室御座船博物館 (博物館から出発するボートトリップもあります)

王室御座船博物館