水に浮かぶ尼さんと洞窟があるカンチャナブリの観光名所
COOLバンコクホーム >> 観光スポット >> ワットタム・マンコントーン(洞窟寺) | วัดถ้ำมังกรทอง | Wat Tham Mangkon Thong

ワットタム・マンコントーン(洞窟寺)

Wat Tham Mangkon Thong

วัดถ้ำมังกรทอง

タグ

タクシー利用 | タイ語住所必須 | 寺院・遺跡

住所

Kosamrong, Amphoe Muang, Kanjanaburi 71000

TEL

034-531-1557

水に浮かぶ尼さんと洞窟があるカンチャナブリの観光名所

ワットタム・マンコントーンはカンチャナブリ市内から5キロほどの位置にあるお寺でメーチーと呼ばれる尼層が境内にある深さ2,5m、直径6mほどの水槽内で水に浮かぶ修行をするお寺として有名です。
修行を積んだ尼僧は白装束でこの水槽に入り、決して泳ぐことなく水に浮かぶことができます。合掌をしたままであったり水中で座禅を組んだり、あるいはそのまま寝たままであったりと色々なポーズがありますが、手足を動かすことなく水に浮かぶ姿はとても神秘的です。
さらに奥へ進むとドラゴンを形どった手すりの100段近い階段があり、頂上にはワットバンタム(Wat Ban Tham)、別名ドラゴン寺院と呼ばれるお寺があります。ワットバンタム内にはその昔僧侶が修行をした洞窟があり、仏像が安置されています。この洞窟は非常に狭く急で、雨が降った日などは入ることができなくなることもあります。
ワットバンタムからの眺めは素晴らしく、カンチャナブリの山々を展望することができます。
ワットタム・マンコントーンを含むツアーコースは下記のツアーとなります。
マニアックカンチャナブリー【B15】


 

動画

ワットタム・マンコントーン(洞窟寺)(浮遊する尼さん:00:00)

浮遊する尼さん

ワットタム・マンコントーン(洞窟寺)(洞窟寺:00:00)

洞窟寺

ワットタム・マンコントーン(洞窟寺)(洞窟探検:00:00)

洞窟探検

アルバム

ワットタム・マンコントーン(洞窟寺) (ワットタム・マンコントーン内にある深さ2,5m、直径約6mの水槽)

ワットタム・マンコントーン(洞窟寺)

ワットタム・マンコントーン(洞窟寺) (何も変わった仕掛けなどはありません もちろん真水です)

ワットタム・マンコントーン(洞窟寺)

ワットタム・マンコントーン(洞窟寺) (数名の尼僧がこの水中浮遊をできるそうです)

ワットタム・マンコントーン(洞窟寺)

ワットタム・マンコントーン(洞窟寺) (動画を見て頂くと泳いではいないのがわかります)

ワットタム・マンコントーン(洞窟寺)

ワットタム・マンコントーン(洞窟寺) (奥にある100段弱の階段)

ワットタム・マンコントーン(洞窟寺)

ワットタム・マンコントーン(洞窟寺) (左右の手すりはドラゴンになっています)

ワットタム・マンコントーン(洞窟寺)

ワットタム・マンコントーン(洞窟寺) (このことから「「ドラゴン寺院」と呼ばれます)

ワットタム・マンコントーン(洞窟寺)

ワットタム・マンコントーン(洞窟寺) (頑張って登りましょう)

ワットタム・マンコントーン(洞窟寺)

ワットタム・マンコントーン(洞窟寺) (頂上にある仏塔 中国の影響を受けているようです)

ワットタム・マンコントーン(洞窟寺)

ワットタム・マンコントーン(洞窟寺) (洞窟内にある仏像)

ワットタム・マンコントーン(洞窟寺)

ワットタム・マンコントーン(洞窟寺) (昔はこの洞窟で多くの僧侶が修行をしたとのことです)

ワットタム・マンコントーン(洞窟寺)

ワットタム・マンコントーン(洞窟寺) (天然の洞窟を利用した修行の場ということになります)

ワットタム・マンコントーン(洞窟寺)

ワットタム・マンコントーン(洞窟寺) (さらにこの洞窟は奥へと繋がっていて)

ワットタム・マンコントーン(洞窟寺)

ワットタム・マンコントーン(洞窟寺) (途中陽が射さず電灯のみとなります)

ワットタム・マンコントーン(洞窟寺)

ワットタム・マンコントーン(洞窟寺) (さらに這って抜けるくらい天井が低いところもあり)

ワットタム・マンコントーン(洞窟寺)

ワットタム・マンコントーン(洞窟寺) (最後は梯子を登ります お子様は入れません)

ワットタム・マンコントーン(洞窟寺)

ワットタム・マンコントーン(洞窟寺) (この穴から出てくることになります)

ワットタム・マンコントーン(洞窟寺)

ワットタム・マンコントーン(洞窟寺) (頂上からの眺望は絶景です)

ワットタム・マンコントーン(洞窟寺)