タイで最も有名なブランド ジムトンプソン 元アメリカ軍人 のジムトンプソン氏が8年間暮らした家は現在博物館となっています
COOLバンコクホーム >> 観光スポット >> アルバム画像-ジムトンプソンの家 | พิพิธภัณฑ์บ้านจิมทอมสัน | Jim Thompson House

関連するコンテンツ

ジムトンプソンの家

Jim Thompson House

พิพิธภัณฑ์บ้านจิมทอมสัน

タグ

近くにレストラン | BTS(高架鉄道) | 名所・旧跡 | 博物館・展示場

住所

6 Soi Kasemsan 2, Rama 1 Road, Bangkok

営業時間

9:00-17:00

TEL

0-2216-7368

FAX

0-2612-3744

行き方

BTSナショナルスタジアム1番出口の階段を降り、反対側へ100m進み、soi Kasemsan 2を右折300m先左

アルバム

↑「ジムトンプソンの家」に行くにはBTS National Stadium駅1番出口へ...

↑階段を降り、Uターン...

↑100メートル弱でSoi Kasemsan 2へ ここを右折します...

↑SIAM MOTORSの大きいビルがありますので分かり易いでしょう...

↑この道を300メートルほど進んだ左側...

↑ここから入ります...

↑左右に建物があり...

↑左にはジムトンプソンのショップ...

↑ここは喫煙可能...

↑右にチケットブース...

↑レストランがあります...

↑正面の木の門を入ります...

↑カバンはロッカーへ...

↑靴も脱いでお上がりください...

↑ベンジャロン焼きの部屋...

↑ジム氏が集めたベンジャロン焼きのコレクション...

↑綺麗なものばかりです...

↑元々この部屋はキッチンだったそうです...

↑ダイニングルーム...

↑と言ってもジム氏がここで食べるのは朝食だけだったそうです...

↑廊下にも数多くの収集品が展示されています...

↑応接間 お客様にここで寛いで頂いたそうです...

↑楽器だったものをジム氏がランプの台に作り変えました...

↑魅入ってしまうような美術品です...

↑ヤワラー(中華街)の質屋さんの扉 ジム氏が気に入って購入したそうです...

↑ジム氏の仕事部屋...

↑彼は建築家でもあり、デザイナーでもありました...

↑戦争中はCIAの前進、OSSに所属...

↑隣はお客様の寝室、と言っても仮眠用の部屋だそうです...

↑仕事部屋の隣に位置しています...

↑失踪前の同氏の写真...

↑1967年マレーシアで忽然と姿を消し、現在でも何の消息も掴めていないとのこと...

↑同氏の寝室...

↑何とも言えず落ち着く空間です...

↑タイと近隣諸国の美術品のコレクターとしても著名な同氏...

↑自身で収集した美術品が展示されています...

↑タイのロッブリーで買った7世紀の石像...

↑建物も遠くはアユタヤから移築したそうです...

↑チーク材でできた6軒の家で構成されています...

↑他の建物に入ることはできません...

↑中庭...

↑失踪前、タイシルクの普及・販売に情熱を注ぎました...

↑有名ブランド、ジムトンプソンの創始者です 2010年現在生きていれば104歳...