32メートルの黄金色立仏像 超能力を持った高僧により聖水が湧き出る神秘のお寺 ワット インタラヴィハーン
COOLバンコクホーム >> 観光スポット >> ワット インタラヴィハーン(ワット インドラヴィハーン) | วัดอินทรวิหาร ( วัดอินทร์ ) | Wat Intharaviharn( Wat Indrawiharn)

関連するコンテンツ

ワット インタラヴィハーン(ワット インドラヴィハーン)

Wat Intharaviharn( Wat Indrawiharn)

วัดอินทรวิหาร ( วัดอินทร์ )

タグ

タクシー利用 | タイ語住所必須 | 寺院・遺跡

住所

Visuitkasat Rd., near Bangkunphom Junction, bangkunphom, Pranakorn BKK 10200

営業時間

6:00~18:00

TEL

02-281-7810

行き方

BTSサイアム駅又は戦勝記念塔駅からタクシー乗車がベター

32メートルの黄金色立仏像
超能力を持った高僧により聖水が湧き出る神秘のお寺
ワット インタラヴィハーン

ワット インタラヴィハーンはドゥシットエリアにある元々はワット・ライプリックという名の古いお寺で18世紀後半ラマ4世王の時代にワットインタラヴィハーンと改名され、現代では通称ワット・インと呼ばれています。
このお寺の特徴は高さ32メートル、幅11メートルの巨大な金色の立仏像があることで、立っている仏様というのは托鉢をする僧侶の姿を現したものと言われています。
境内にはこのお寺の建立に深く携わった高僧「ルアン ポートー」を祭った祠があり、祠の中では僧が創り出すと言われる聖水が湧き出ていて、静寂な空間として多くの人が瞑想する姿を見ることができます。
本堂脇には自分の生まれた曜日に対しお布施をするための小さな仏が8体置かれています。曜日なのに8体あるのは日曜日、月曜日、火曜日までは1日1体ですが、週中の水曜日だけは昼と夜で分けられているため、8体となっています。ワット インタラヴィハーンに来る前には自身の生まれた日が何曜日にあたるのかを調べてくると良いでしょう。
敷地自体は決して大きなお寺ではありませんが見所が沢山ある面白いお寺です。寺の入り口は非常に見つけにくいところにありますので、訪れる際は寺名がタイ語で書かれたものを用意し、地元の人に尋ねながら探すのが簡単です。


 

動画

ワット インタラヴィハーン(ワット インドラヴィハーン)(観光紹介(1/2):00:00)

観光紹介(1/2)

ワット インタラヴィハーン(ワット インドラヴィハーン)(観光紹介(2/2):00:00)

観光紹介(2/2)

アルバム

ワット インタラヴィハーン(ワット インドラヴィハーン) (寺院入り口)

ワット インタラヴィハーン(ワット インドラヴィハーン)

ワット インタラヴィハーン(ワット インドラヴィハーン) (門をくぐると巨大な立仏像が目に入ります)

ワット インタラヴィハーン(ワット インドラヴィハーン)

ワット インタラヴィハーン(ワット インドラヴィハーン) (横に階段がありますが一般の人は上ることができません)

ワット インタラヴィハーン(ワット インドラヴィハーン)

ワット インタラヴィハーン(ワット インドラヴィハーン) (高さ32メートル幅11メートルの立仏像 托鉢をする僧侶の姿を現したものと言われています)

ワット インタラヴィハーン(ワット インドラヴィハーン)

ワット インタラヴィハーン(ワット インドラヴィハーン) (残念ながらあまり立体的な仏像ではありません)

ワット インタラヴィハーン(ワット インドラヴィハーン)

ワット インタラヴィハーン(ワット インドラヴィハーン) (18世紀の景色が見えるのでしょうか)

ワット インタラヴィハーン(ワット インドラヴィハーン)

ワット インタラヴィハーン(ワット インドラヴィハーン) (お寺とお寺の建立に深く携わった高僧「ルアン ポートー」に関する記述があります)

ワット インタラヴィハーン(ワット インドラヴィハーン)

ワット インタラヴィハーン(ワット インドラヴィハーン) (色々な仏像があり、見ていて飽きません)

ワット インタラヴィハーン(ワット インドラヴィハーン)

ワット インタラヴィハーン(ワット インドラヴィハーン) (木製の寝釈迦)

ワット インタラヴィハーン(ワット インドラヴィハーン)

ワット インタラヴィハーン(ワット インドラヴィハーン) (一般の人の納骨もできるようです)

ワット インタラヴィハーン(ワット インドラヴィハーン)

ワット インタラヴィハーン(ワット インドラヴィハーン) (立仏像のミニチュア お参りに来た人の張る金箔で黄金に輝いています)

ワット インタラヴィハーン(ワット インドラヴィハーン)

ワット インタラヴィハーン(ワット インドラヴィハーン) (願い事や大事な人の名前を書く瓦 金額は自由です)

ワット インタラヴィハーン(ワット インドラヴィハーン)

ワット インタラヴィハーン(ワット インドラヴィハーン) (本堂)

ワット インタラヴィハーン(ワット インドラヴィハーン)

ワット インタラヴィハーン(ワット インドラヴィハーン) (本堂内)

ワット インタラヴィハーン(ワット インドラヴィハーン)

ワット インタラヴィハーン(ワット インドラヴィハーン) (とても美しい壁画があります)

ワット インタラヴィハーン(ワット インドラヴィハーン)

ワット インタラヴィハーン(ワット インドラヴィハーン) (比較的大きくはっきりと描かれているので見易いです)

ワット インタラヴィハーン(ワット インドラヴィハーン)

ワット インタラヴィハーン(ワット インドラヴィハーン) (本堂前の自分の生誕曜日にお参りをする仏像8体)

ワット インタラヴィハーン(ワット インドラヴィハーン)

ワット インタラヴィハーン(ワット インドラヴィハーン) (お参りに使う擬似硬貨 お布施の金額は自由)

ワット インタラヴィハーン(ワット インドラヴィハーン)

ワット インタラヴィハーン(ワット インドラヴィハーン) (一番手前から日曜日)

ワット インタラヴィハーン(ワット インドラヴィハーン)

ワット インタラヴィハーン(ワット インドラヴィハーン) (月曜日)

ワット インタラヴィハーン(ワット インドラヴィハーン)

ワット インタラヴィハーン(ワット インドラヴィハーン) (火曜日)

ワット インタラヴィハーン(ワット インドラヴィハーン)

ワット インタラヴィハーン(ワット インドラヴィハーン) (水曜日の昼)

ワット インタラヴィハーン(ワット インドラヴィハーン)

ワット インタラヴィハーン(ワット インドラヴィハーン) (水曜日の夜)

ワット インタラヴィハーン(ワット インドラヴィハーン)

ワット インタラヴィハーン(ワット インドラヴィハーン) (木曜日)

ワット インタラヴィハーン(ワット インドラヴィハーン)

ワット インタラヴィハーン(ワット インドラヴィハーン) (金曜日)

ワット インタラヴィハーン(ワット インドラヴィハーン)

ワット インタラヴィハーン(ワット インドラヴィハーン) (土曜日)

ワット インタラヴィハーン(ワット インドラヴィハーン)

ワット インタラヴィハーン(ワット インドラヴィハーン) (日曜日の人は6個の器に硬貨を一つずつ入れるという具合にお参りをします)

ワット インタラヴィハーン(ワット インドラヴィハーン)

ワット インタラヴィハーン(ワット インドラヴィハーン) (ラーマ1世、タクシン王の像)

ワット インタラヴィハーン(ワット インドラヴィハーン)

ワット インタラヴィハーン(ワット インドラヴィハーン) (本堂横にある聖水の湧くお堂 中は空調が効き静寂な空間 )

ワット インタラヴィハーン(ワット インドラヴィハーン)

ワット インタラヴィハーン(ワット インドラヴィハーン) (高僧「ルアン ポートー」を祭った祠で高僧の超能力が糸を伝わり聖水を創り出すと言われています)

ワット インタラヴィハーン(ワット インドラヴィハーン)

ワット インタラヴィハーン(ワット インドラヴィハーン) (中は照明が落とされ神秘的な雰囲気が漂います)

ワット インタラヴィハーン(ワット インドラヴィハーン)

ワット インタラヴィハーン(ワット インドラヴィハーン) (年代毎の聖水が保管されています)

ワット インタラヴィハーン(ワット インドラヴィハーン)

ワット インタラヴィハーン(ワット インドラヴィハーン) (サンスクリット語の梵字でしょうか)

ワット インタラヴィハーン(ワット インドラヴィハーン)

ワット インタラヴィハーン(ワット インドラヴィハーン) (お堂に繋がる建物)

ワット インタラヴィハーン(ワット インドラヴィハーン)

ワット インタラヴィハーン(ワット インドラヴィハーン) (高僧「ルアン ポートー」)

ワット インタラヴィハーン(ワット インドラヴィハーン)

ワット インタラヴィハーン(ワット インドラヴィハーン) (エメラルド仏陀)

ワット インタラヴィハーン(ワット インドラヴィハーン)

ワット インタラヴィハーン(ワット インドラヴィハーン) (タイ北部の古代文字)

ワット インタラヴィハーン(ワット インドラヴィハーン)

ワット インタラヴィハーン(ワット インドラヴィハーン) (このお寺はラオスとの縁もあるのでラオス語)

ワット インタラヴィハーン(ワット インドラヴィハーン)

ワット インタラヴィハーン(ワット インドラヴィハーン) (聖水はお堂の外で試飲できます)

ワット インタラヴィハーン(ワット インドラヴィハーン)

ワット インタラヴィハーン(ワット インドラヴィハーン) (常に流れ出る聖水)

ワット インタラヴィハーン(ワット インドラヴィハーン)

ワット インタラヴィハーン(ワット インドラヴィハーン) ()

ワット インタラヴィハーン(ワット インドラヴィハーン)