タイ・バンコクはアジア最大の観光立国と言っても過言では無いくらい「見所」に溢れた場所。その中でもバンコクビギナー必見必須の観光地をピックアップ!いずれの観光地も魅力のある場所ばかりです。
COOLバンコクホーム >> 観光スポット >> バンコクビギナー【見る】  

バンコクビギナー【見る】  

エリア

タグ

タイ・バンコクはアジア最大の観光立国と言っても過言では無いくらい「見所」に溢れた場所。その中でもバンコクビギナー必見必須の観光地をピックアップ!いずれの観光地も魅力のある場所ばかりです。


1. 王宮、ワットアルン、ワットポー

タイの首都バンコク最大の観光名所であるこの3箇所はほぼ同じ場所にあって、急げば半日で見て廻ることが可能です。大抵のツアー会社は「バンコク市内観光」というコースを設定しています。個人で見て廻ることも勿論可能ですが、入口やチケット売場などが中々見つからなかったり、詐欺師に会って騙されたりする可能性もありますので、このようなツアーに参加し日本語ガイドさんの説明を聞きながら見て廻るのが一番効率的で安全な方法です。

 
王宮(ワット プラケーオ)
広い敷地の内部でワットプラケーオというお寺とその奥にある王様の居住地である王宮に分かれています。ワットプラケーオでは回廊画や宗教上の建物及びエメラルド(厳密にはヒスイ)で作られた仏像を見学しましょう。高さ66cm、幅48cmの小さな仏像ですがワットプラケーオがエメラルド寺院とも呼ばれる所以ともなっている仏像です。年に3回仏像の衣服である袈裟が王室の人により着せ替えられます。

とても広い王宮内

美しい建築様式の建物が見れるワットプラケーオ

回廊画も必見スポット
 

ワットアルン
王宮側から見て川の向こうに聳え立つ石塔がワットアルン。三島由紀夫の小説「暁の寺」の題材になったお寺で、バンコクで一番最初に朝日が当たる場所と言われています。
ここの見所は最大75メートルの高さのある仏塔と、その周囲に彫られた見事な石細工と2m以上の高さがある2体の鬼の像、「ヤック」と呼ばれる神話に出てくる鬼で本堂の入口をがっちりガードしています。一見地味なワットアルンですが、この二つは絶対抑えておきたいポイントです。

王宮の対岸にあるワットアルン 船で渡ります

高さ75mの石塔

見事な石細工にご注目下さい
 

ワットポー
位置的には王宮の裏手にあるワットポー、現王朝の初代王によって18世紀後半に建立されました。全長46m、高さ15m、全身を金箔に覆われた巨大な寝釈迦とその足の裏に描かれたバラモン教による宇宙の真理は必見です。タイマッサージの総本山とも言われ、境内には沢山のマッサージを施す様を彫った石像があります。時間が許せば108個の鉢に硬貨を入れながら煩悩を捨てていく体験も是非どうぞ!

高さ15メートル

全長は46メートルの巨大な寝釈迦は必見

煩悩を捨てながら硬貨を入れていく108個の鉢
 

2. ダムヌンサドアック水上マーケット

バンコクは東洋のベニスと呼ばれる位、水路交通の発達した町でした。自動車が普及するまでは、人々は縦横に走る運河の水の力をたくみに使い移動、運搬を行っていました。その中で生まれた、ボートに品物を載せた商人があつまる「市場」。今でも昔ながらの姿を留めています。細く迷路のようにつながり合う水路に集まる沢山の小船と日用品や食料品を買いに来る地元の人々。アジアらしい活気に溢れた水上マーケットの様子をご覧頂けます。
バンコクから南へ約80kmほどの位置にあり、早朝から10時くらいまでが一番賑わう時間帯のため、ツアーに参加するのが一番確実です。実際にボートに乗って、買い物や買い食いを楽しんで下さい。

古き時代の面影をそのまま残す水上マーケット

小船に品物を積んだ商人が沢山集まる市場

是非乗って欲しいスピードボート
 

3. 世界遺産アユタヤ

14世紀から18世紀に掛けての約400年間、王朝が続いた当時の首都で、1991年にユネスコ世界遺産に登録されました。アユタヤ王朝が滅亡したのはビルマ(現在のミャンマー)による攻撃を受けたためで、数多くの歴史が眠る古の都です。バンコクから北へ約100kmの位置にあり、タイ国鉄のフアランポーン駅から列車、北バスターミナルからバスでも行くことが出来ます。また各種ツアーも催行されており、水上マーケットや市内観光と組み合わされたツアーも用意されています。更に夕方18時以降になると遺跡の一部がライトアップされ、幻想的な光景を見ることが出来ます。その中でも必見のスポットを幾つかご紹介します。

 

ワットヤイ・チャイモンコン
アユタヤ王朝初代王「ウートン王」が14世紀に建立した寺院で、境内には高さ約72mの巨大なチェディ(仏塔)と寝釈迦があります。チェディには階段で登ることが出来、遺跡の街アユタヤの市街を見渡すことが出来ます。

高さ72メートルのチェディには
上ることが出来ます

黄色い袈裟を着た寝釈迦

 

ワット マハタート
アユタヤ王朝時代、このお寺の仏像の頭部は黄金で作られていました。ビルマの軍隊がアユタヤの街を攻め滅ぼした時、これら仏像の頭部は全て略奪され寺院そのものは焼き討ちに遭いました。黒く変色し、焼け落ちた寺院の遺跡と胴体のみの仏像群、さらに価値が無いと判断され捨てられた石仏の頭部が数百年の歳月の間に木の根に飲み込まれ、無残な姿を晒しています。当時のビルマ軍の猛攻がいかに激しいものだったかを物語る歴史の証人とも言える場所となっています。

焼け落ちたレンガと首の無い石仏群

頭部は黄金で出来ていたため、全てビルマ軍に持ち去られました

木の根に取り込まれた石仏の頭部
 

ワットブラシー・サンペット
アユタヤ王朝時代の3代の王様が眠るこの寺にはそれぞれの王の遺骨を納めたチェディと呼ばれる仏塔が残されているのみです。ほぼ等しい大きさで均等に並ぶ美しい3基の仏塔、遠い昔に思いを馳せることの出来るとても貴重な遺跡の一つです。

三代の王の墓が並ぶワット プラシーサンペット
 

4. ニューハーフショー

今までの3箇所はどれもタイの歴史に関する重要な施設でしたが、タイが持つもう一つの『顔』、それは社会的にも認知されたオカマちゃん、ニューハーフ達の演じる豪華絢爛なショーでもあります。その中でもBIG 2と呼べる2箇所のニューハーフショーをご紹介しましょう

 

カリプソキャバレーショー
バンコクのニューハーフショーの草分け的な存在とも言えるカリプソキャバレーは、2012年9月から新会場をオープンさせ、今まで以上にパワフルなステージを連日開演しています。開演時間は20時15分からと21時45分からの2公演、約1時間半近いステージはリズミカルで見ているものを飽きさせません。タイ古典舞踊を見ながらのディナー付きチケットの販売も開始し、常に進化するショーを見せてくれる、それがカリプソキャバレーです。

タイ古典舞踊が見れるディナーショー

華麗なショーの数々は必見の価値あり

スピーディな移り変わりがカリプソの特徴
 

マンボーキャバレーショー
元々はカリプソキャバレーに属していた一部のメンバーが独立、カリプソとは違う味付けのニューハーフショーを展開するようになったのがマンボーキャバレー。設立当初は「聖子ちゃん」というスーパースターが在籍していましたが、現在では病気療養中となっています。スーパースターの欠席という事態に陥りながらも根強い人気は衰える気配を見せません。会場併設のノパラットでは古典舞踊が見られるディナーショーも開演しています。場所が少し不便なところにありますので送迎付コースをお勧めします。

豪華さと言う点ではマンボーが上かもしれません

ゴージャスなショーがマンボーの特徴

セクシーさでは互角と言えるでしょう
 

5. ムエタイ

日本の国技と言えば相撲、タイの国技と言えば日本のK-1で一躍有名になったムエタイ。
パンチ、キックに加えヒザ、ヒジもOKの立ち技最強と言われる格闘技で、鍛え抜かれた肉体と肉体がぶつかる様子は大変な迫力があります。一般的な賭け事が禁止されているタイでは数少ない公営ギャンブルであるため、選手以上にそれを見ている観客が盛り上がり、試合が進むほどに場内もヒートアップ! 試合前、勝利を祈願して神に祈りを捧げながら踊る「ワイクルー」からは神聖な美しさを感じ取ることが出来ます。本場の迫力を是非リングサイドでご覧下さい。

神々しさが漂う戦いの前の踊り「ワイクルー」

鍛え抜かれた肉体同士がぶつかり合う迫力

リングを降りた後の戦士の
顔も必見です
 

以上5箇所のバンコク必須の「見る」スポット。いずれの場所もバンコクビギナーの方には絶対に一度は訪れて頂きたいところです。これらを見ずにバンコクを語るなかれ。

アルバム

バンコクビギナー【見る】   (とても広い王宮内)

バンコクビギナー【見る】  

バンコクビギナー【見る】   (美しい建築様式の建物が見れるワットプラケーオ)

バンコクビギナー【見る】  

バンコクビギナー【見る】   (回廊画も必見スポット)

バンコクビギナー【見る】  

バンコクビギナー【見る】   (王宮の対岸にあるワットアルン 船で渡ります)

バンコクビギナー【見る】  

バンコクビギナー【見る】   (高さ75mの石塔)

バンコクビギナー【見る】  

バンコクビギナー【見る】   (見事な石細工にご注目下さい)

バンコクビギナー【見る】  

バンコクビギナー【見る】   (高さ15メートル)

バンコクビギナー【見る】  

バンコクビギナー【見る】   (全長は46メートルの巨大な寝釈迦は必見)

バンコクビギナー【見る】  

バンコクビギナー【見る】   (煩悩を捨てながら硬貨を入れていく108個の鉢)

バンコクビギナー【見る】  

バンコクビギナー【見る】   (古き時代の面影をそのまま残す水上マーケット)

バンコクビギナー【見る】  

バンコクビギナー【見る】   (小船に品物を積んだ商人が沢山集まる市場)

バンコクビギナー【見る】  

バンコクビギナー【見る】   (是非乗って欲しいスピードボート)

バンコクビギナー【見る】  

バンコクビギナー【見る】   (高さ72メートルのチェディには上ることが出来ます)

バンコクビギナー【見る】  

バンコクビギナー【見る】   (黄色い袈裟を着た寝釈迦)

バンコクビギナー【見る】  

バンコクビギナー【見る】   (焼け落ちたレンガと首の無い石仏群)

バンコクビギナー【見る】  

バンコクビギナー【見る】   (頭部は黄金で出来ていたため、全てビルマ軍に持ち去られました)

バンコクビギナー【見る】  

バンコクビギナー【見る】   (木の根に取り込まれた石仏の頭部)

バンコクビギナー【見る】  

バンコクビギナー【見る】   (三代の王の墓が並ぶワット プラシーサンペット)

バンコクビギナー【見る】  

バンコクビギナー【見る】   (タイ古典舞踊が見れるディナーショー)

バンコクビギナー【見る】  

バンコクビギナー【見る】   (華麗なショーの数々は必見の価値あり)

バンコクビギナー【見る】  

バンコクビギナー【見る】   (スピーディな移り変わりがカリプソの特徴)

バンコクビギナー【見る】  

バンコクビギナー【見る】   (豪華さと言う点ではマンボーが上かもしれません)

バンコクビギナー【見る】  

バンコクビギナー【見る】   (ゴージャスなショーがマンボーの特徴)

バンコクビギナー【見る】  

バンコクビギナー【見る】   (セクシーさでは互角と言えるでしょう)

バンコクビギナー【見る】  

バンコクビギナー【見る】   (神々しさが漂う戦いの前の踊り「ワイクルー」)

バンコクビギナー【見る】  

バンコクビギナー【見る】   (鍛え抜かれた肉体同士がぶつかり合う迫力)

バンコクビギナー【見る】  

バンコクビギナー【見る】   (リングを降りた後の戦士の顔も必見です)

バンコクビギナー【見る】