美しいクメール様式の塔状祀堂と壁の傾いた礼拝堂 最初に訪れた王は死ぬという伝説により歴代王が訪れたことのない廃墟寺院 ワット・ラーチャブラナ(アユタヤ)
COOLバンコクホーム >> 観光スポット >> ワット ラーチャブラナ | วัดราชบูรณะ | Wat Ratchaburana

ワット ラーチャブラナ

Wat Ratchaburana

วัดราชบูรณะ

エリア

アユタヤ

タグ

近くにレストラン | タイ語住所必須 | 現金(Cash)のみ | 寺院・遺跡 | アユタヤ

住所

T. Tha Wasukri (Head Corner of Nareisuan and chikun Rd.) Phra Nakhon Si Ayutthaya

営業時間

8:00~18:00(ライトアップ19:00~21:00)

行き方

ワットマハタートの道路を挟んだ隣側

美しいクメール様式の塔状祀堂と壁の傾いた礼拝堂
最初に訪れた王は死ぬという伝説により歴代王が訪れたことのない廃墟寺院
ワット・ラーチャブラナ(アユタヤ)

ワット・ラーチャブラナはアユタヤのワット マハタートの隣にある寂寞感の溢れる廃墟寺院です。15世紀の中ごろ、アユタヤ第8代王であるボロムラーチャー2世王が建立したと言われています。
ボロムラーチャー2世には二人の兄がおり、王位継承を巡ってこの二人の兄たちが殺しあった後王位に就き、二人の遺骨を納めるためにこの寺を建設しました。
このためか「最初にこの寺を訪れた王は死ぬ」という伝説が広まり、歴代のアユタヤ王は誰もこの寺院を訪れなかったそうです。
境内にはクメール様式のブラーンと呼ばれる塔状祀堂(仏塔)が中央、手前に礼拝堂があり、訪れる人の少ない寂寞間漂う遺跡です。ヴィハーン(礼拝堂)の片側の壁は大きく傾き、今にも崩れ落ちそうな雰囲気があります。
ブラーンの中には遺体安置所があり、15世紀の壁画を見ることが出来ます。また1957年の発掘調査の際にはブラーン下層階から宝石や美術品、金などが発見されました。
残念ながら取材時はブラーンが修復中のため、撮影できませんでしたが、修復完了後に追加の取材をしたいと思います。
19時から21時までの間、ライトアップされた美しいブラーンを見ることが出来ます。
【拝観料】
外国人:50バーツ
タイ人:10バーツ


 

動画

ワット ラーチャブラナ(お寺:00:00)

お寺

アルバム

ワット ラーチャブラナ (ワット ラ-チャブラナ入口)

ワット ラーチャブラナ

ワット ラーチャブラナ (遺跡の由来が記されています)

ワット ラーチャブラナ

ワット ラーチャブラナ (門を入り右手)

ワット ラーチャブラナ

ワット ラーチャブラナ (同じく左手)

ワット ラーチャブラナ

ワット ラーチャブラナ (正面にヴィハーン(礼拝堂))

ワット ラーチャブラナ

ワット ラーチャブラナ (英語での説明があります)

ワット ラーチャブラナ

ワット ラーチャブラナ (ヴィハーン内部 右の壁が傾いているのが分りますか?)

ワット ラーチャブラナ

ワット ラーチャブラナ (左の壁)

ワット ラーチャブラナ

ワット ラーチャブラナ (右の壁)

ワット ラーチャブラナ

ワット ラーチャブラナ (ヴィハーン正面の壁裏側には破壊された石仏)

ワット ラーチャブラナ

ワット ラーチャブラナ (ヴィハーン奥にあるプラーン(塔状祀堂))

ワット ラーチャブラナ

ワット ラーチャブラナ (内部にはボロムラーチャー2世王の実兄2名の遺骨が収納されていたそうです)

ワット ラーチャブラナ

ワット ラーチャブラナ (現在は修復中のためプラーンには昇れませんでした)

ワット ラーチャブラナ

ワット ラーチャブラナ (プラーンの周りは回廊になっており、破壊された石仏郡が並びます)

ワット ラーチャブラナ

ワット ラーチャブラナ (この寺が建立されたのは1424年 15世紀半ば)

ワット ラーチャブラナ

ワット ラーチャブラナ (アユタヤ第8代王のボロムラーチャー2世により建てられました)

ワット ラーチャブラナ

ワット ラーチャブラナ (プラーンの周りには小礼拝堂など沢山の建物があったようです)

ワット ラーチャブラナ

ワット ラーチャブラナ (1767年のビルマ軍総攻撃により壊滅)

ワット ラーチャブラナ

ワット ラーチャブラナ (裏には芝生の広場があります)

ワット ラーチャブラナ

ワット ラーチャブラナ (プラーン中段 クメール様式の建築物)

ワット ラーチャブラナ

ワット ラーチャブラナ (クメール=現在のカンボジア)

ワット ラーチャブラナ

ワット ラーチャブラナ (一部中国の影響を受けた部分もあるとのこと)

ワット ラーチャブラナ

ワット ラーチャブラナ (様々なチェディ(仏塔))

ワット ラーチャブラナ

ワット ラーチャブラナ (修復が完了次第、再取材したいと思います)

ワット ラーチャブラナ

ワット ラーチャブラナ (プラーンの完成図)

ワット ラーチャブラナ

ワット ラーチャブラナ (19時以降は美しいプラーンが見れます)

ワット ラーチャブラナ

ワット ラーチャブラナ (幻想的な仏塔ですね)

ワット ラーチャブラナ